世帯収500万円で年100万円貯める10のコツ >>

他行宛の振込手数料が無料になるおすすめネットバンク7選

銀行振込をするとき、振込手数料までちゃんと気にしていますか?

  • お給料の一部を貯金用口座にうつす
  • 家賃や光熱費などを振込で支払う

など、他行宛に銀行振込を行う機会は案外多いもの。

銀行手数料って少額だけど、積もれば馬鹿にならない

もし簡単に無料にできる方法があるなら、知りたいと思いますよね?

そこでこの記事では、「簡単な条件を満たすだけ」で他行宛の振込手数料が無料になるネットバンク7つをまとめました。

毎月、振込手数料を払ってお金を移動している方!要チェックです。

他行宛の振込手数料が無料になるネットバンク7選

銀行振込は基本的には有料のサービスですが、ネットバンクの多くでは条件を満たすと無料でも利用することができます。

他行宛の振込手数料が無料になる銀行はたくさんありますが、その中でも覚えておきたい銀行は以下の7つです。

1.住信SBIネット銀行

他行宛の振込手数料が無料になるネットバンクといえば「住信SBIネット銀行」です。

住信SBIネット銀行の場合、他行宛の振込手数料が

  • 無条件で月1回まで無料
  • 最大15回まで無料

になるなど、無料回数の多さが魅力的。

振込手数料の無料回数を増やすには、スマートプログラムを利用して「スマプロランク」を上げる必要があります。

スマプロランクと無料回数
  • ランク1:月1回無料
  • ランク2:月3回無料
  • ランク3:月7回無料
  • ランク4:月15回無料

預金残高30万円以上でランク2へアップするので、無料回数を増やしやすいのがメリット。

それ以外にも、

  • 住信SBIネット銀行宛の振込は、何度でも手数料無料
  • 三井住友信託銀行宛の振込は、何度でも手数料無料
  • 無料回数を超えた場合の振込手数料が、1回あたり157円と安い

など、振込回数が多い人にもおすすめのネットバンクです。

2.イオン銀行

イオン銀行」は、Myステージという会員ランクを上げることで、各種手数料を無料にすることができます。

条件ブロンズシルバーゴールドプラチナ
ATM月1回月2回月3回月5回
振込 月1回月3回月5回
金利0.01%0.03%0.5%0.1%
  • ATM:他行ATM利用手数料無料回数
  • 振込:他行への振込手数料無料回数
  • 金利:普通預金金利

他行宛の振込手数料を無料にするには、Myステージをシルバーステージ以上(イオン銀行スコア50点以上)にする必要があります。

シルバーステージは、

など、簡単な条件を満たすだけで達成することができます。

年会費無料で1枚3役の多機能カード

オートチャージでいつでもポイント二重取り

3.楽天銀行

会社員など給与支給のある方は、「楽天銀行」もおすすめです。

楽天銀行を給与や年金の受け取りの口座に指定すると、月3回まで他行への振込手数料が無料になります。

その上、

  • 楽天銀行
  • 楽天証券

それぞれの口座をマネーブリッジ登録すると、普通預金金利が0.1%となり金利の面でもとてもお得です。

4.ソニー銀行

ソニー銀行」も、口座を保有していれば無条件で他行宛の振込手数料が月1回無料になるネットバンクの1つ。

「無条件」で無料になるのはかなりありがたいね。

さらにSony Bank WALLETというデビットカードを持っていると、無料回数が2回になり、条件を満たせば最大11回まで無料にすることができます。

Sony Bank WALLETはキャッシュカード一体型なので、コンビニやイオン銀行などの提携ATMも手数料無料で利用できます。

5.新生銀行

新生銀行」でも、無条件で他行宛の振込手数料が月1回無料に。

会員ステージを上げると最大10回まで無料にすることができます。

  • 預金残高100万円以上
  • 投資信託を毎月5,000円以上積み立て

のいずれかを満たせば月5回まで無料になるので、達成できる人にはかなり魅力的。

新生銀行でも、会員ステージがアップすると提携ATMの手数料も無料になります。

6.大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行」は、大和証券と同時口座開設することで利用できるネットバンクです。

無条件で他行宛の振込手数料が月3回も無料になります。

大和証券のカードがあれば、

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ゆうちょ

など、提携ATMも時間帯によって無料で利用することができます。

大和証券を利用しなくてもペナルティはないから安心だよ

7.野村信託銀行

とにかく振込回数が多い!という方には、「野村信託銀行」がおすすめです。

野村信託銀行なら、無条件で他行宛の振込手数料が月10回まで無料になります。

無条件で10回も無料なんて、逆に怪しくないの?

そんなふうにさえ思うレベル(笑)

野村信託銀行は、

  • 野村證券の証券口座を保有していなければ口座開設ができない
  • キャッシュカードがないため、直接ATMでからの入出金ができない

といった注意点があるので、利用したい方は事前に詳しく調べておくことをおすすめします。

他行宛の振込手数料の無料回数をムダにしない方法

1口座あたり月に数回しかない、手数料の無料回数をムダにしないためには、

  • 家族間のお金の移動では、同行宛の振込手数料が無料の銀行を活用する
  • 自動入金サービスを活用する

などの工夫をすることが大切です。

具体的な方法を紹介するね

同行宛の振込手数料が無料の銀行

同行宛の振込手数料は、この記事で挙げた7つの銀行を含む、多くのネットバンクで無料です。

例えば、支払い用と貯金用の口座を分けたい場合、

  • 支払い用口座:A銀行
  • 貯金用口座:B銀行

とした場合、資金移動するには他行宛の振込となり手数料がかかってしまいます。

一方、

  • 支払い用口座:A銀行(夫名義)
  • 貯金用口座:A銀行(妻名義)

とすると、同行宛となり手数料が無料にできるというわけ。

ただし、みずほ銀行や三井住友銀行などメガバンクの多くは、同行宛の振込でも手数料が発生します。

家賃や光熱費の支払いなどでは、振込先がメガバンクのことが多く、家族間でのお金のやりとりがメインになるでしょう。

自動入金サービスを活用する

自動入金サービス」は、

  • 入金したい銀行で、自動入金サービスに対応している場合
  • 出金元と入金先が同一名義の場合

に利用できるサービスです。

自動入金サービスに対応する銀行には、

  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • 大和ネクスト銀行

などがあります。

自分名義の口座間でお金の移動をする機会が多い方は、うまく活用すれば振込手数料の無料回数を節約できます。

他行宛の振込手数料が無料になるおすすめネットバンク7選まとめ

口座間でお金の移動をしたり、家賃や光熱費などを支払う際、利用することが多い銀行振込。

他行宛の振込手数料が無料になるネットバンクを活用すると、振込手数料を節約することができます。

せっかく節約を頑張っても、振込手数料でお金を引かれてしまうのはとてももったいない。

振込手数料の無料回数を上手に使って、細かいところもしっかり節約しちゃいましょう。

\ポイントサイトは銀行口座開設でもポイントが貯まる/

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ポイントサイト「ハピタス」のはじめかた完全ガイド 【画像解説】ポイントサイト「ハピタス」のはじめかた完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です