世帯収500万円で年100万円貯める10のコツ >>

IPO投資は当たらない?年10回以上当選する主婦が実践する当選のコツ

「宝くじ投資」とも言われる、IPO投資。

なかなか当たらなくて辞めてしまう方も多いかもしれませんが、ポイントを押さえて抽選に参加すれば、年に数回程度の当選は難しくありません。

現に、私は3年ほど前からIPO投資をはじめて、トータルで70万円近い利益を出すことができています。

2019年は、資金150万円で年10回ほど当選して、40万円近い利益が!

2021年は1〜5月で6回当選、21万円の利益が出てるよ

この記事では、IPO投資で効率的に抽選に申し込み、当選確率を上げるために私が実践している方法を紹介します。

この記事内での「IPO投資」とは、抽選で購入権を手に入れて、初値で売る手法です。

セカンダリーで手に入れる方法もありますが、この記事では触れていません。

IPO投資とは?

これからIPO投資を始める方のために、まずはIPO投資についても簡単に解説しておきたいと思います。

すでにIPO投資について知っているよ!という方は、『少ない資金でも効率よく抽選に参加するコツ』からどうぞ。

(こちらをクリックでジャンプできます)

IPOって?

IPOはInitial Public Offeringの頭文字を取った略語で、日本語では「新規上場株式

言葉の通り、新規で上場する株式のことです。

上場していない株は投資家が自由に取引することができませんが、証券取引所に上場することで誰でも自由に株取引ができるようになります。

発行される株式の発行枚数は決まっているから、抽選で誰が買うかを決めるよ

IPO投資が初心者にも人気の理由

多くの銘柄では、抽選で売り出される価格(公募価格)よりも、上場して最初に売買が成立した価格(初値)の方が高値になります。

公募価格よりも初値が安くなる(損失が出る)こともあるけど、年間約9割の銘柄でプラスに!

そのため、抽選で手に入れた株を初値で売却することで、高確率で利益を出すことができるのが魅力。

言葉を変えると、『当選すれば高確率で利益が出せる』ということ。

投資は売買のタイミングを決めるのがとても難しいですが、IPO投資は買いも売りもタイミングが決まっているのでとてもシンプルです。

『やり方』が決まっているから、投資初心者でも悩むポイントが少なめ

難しい投資の知識がなくても始めやすいのも、人気の秘密だよ

人気ゆえになかなか当たらないのが最大の欠点!

『当選すれば』高確率で利益が出せるとはいえ、逆にいうと当選しなければ参加することもできません。

IPO投資で利益を得るためには、いかに当選確率を上げるかがとても大事

実際、闇雲に抽選に参加してもなかなか当選しないのも事実です。

落選が続けば利益が出せないのはもちろん、何度も抽選に申し込むモチベーションも下がりますよね。

正直、IPOの抽選申し込みの作業は結構めんどくさい…

でも大丈夫!
ポイントを押さえれば、当選確率はグッと上げられるよ

IPOの当選確率を上げるには?

IPOの投資の当選確率を上げる最も単純な方法は、『抽選口数を増やす』こと。

抽選口数を増やすには、以下の方法があります。

IPOの抽選口数を増やす方法
  • 抽選申し込み用の資金を増やす
  • 複数の証券会社から申し込む
  • 抽選の名義人を増やす

抽選口数の増やし方は抽選方法によって変わるので、2つの抽選方式を覚えておきましょう。

口数比例方式の場合

口数比例方式とは、申し込み口数に応じて抽選口数が決まる方式。

資金が多いほどたくさん申し込みができて、当選確率も上がります。

例えば公募価格2,000円のIPOに参加する場合、多くの証券会社では100株で1口なので、

資金20万円だと

1口20万円なので、購入できるのは1口だけ
抽選は1回

資金2,000万円だと

1口20万円なので、最大100口
抽選は100回

単純計算だけど、資金が20万円の人と2,000万円の人では当選確率が100倍も違う…!

お金持ちがたくさん参加してたら、自分の1回は超微力ってことか〜

平等抽選の場合

平等抽選とは、資金や申し込み口数に関係なく、1口座につき1人1回抽選を行う方式。

資金が多くても少なくても平等に抽選が受けられるので、当選確率は同じです。

同じく公募価格2,000円のIPOに参加する場合、

資金20万円だと

申し込めるのは1口だけ
抽選回数は1回

資金2,000万円だと

申し込めるのは最大100口
抽選回数は1回

※ 証券会社により、申し込める口数は変わります

さらに、

3つの証券会社から申し込むと

抽選回数は3回

夫婦でそれぞれ申し込むと

抽選回数は✖️2倍

というように、当選確率が上がっていきます。

資金が限られている私でも、お金持ちと平等に『運』で勝負できるね

これなら当たりそうな気がしてきた〜♪

とはいえ、IPOの抽選に参加するには抽選方式によらず相応の資金が必要なので、資金が多いに越したことはないです。

一部、抽選申し込みに資金が入らない証券会社もあります。(詳しくは後述)

『資金が必要』というと、投資に回せるお金がないと諦めがちですが、資金は一時的に拘束されるだけ。(おおよそ2週間程度)

拘束期間が短く、落選すると拘束されていた資金は全額戻ってくるため、次の抽選資金としてまた利用することができます。

抽選自体に費用や手数料は不要だから、私は資金の範囲内でたくさん申し込むようにしてるよ

少ない資金でも効率よく抽選に参加するコツ

資金が潤沢であればいいのですが、限られた資金のなかでより当選確率を上げようとするにはちょっとした工夫とコツが必要です。

私が当選のために意識しているのは以下の4つ。

資金が少なくても当てるコツ
  • 前受金不要の証券会社を優先
  • 割当数が多いところを優先
    (主幹事・副幹事)
  • ライバルが少ないところを狙う
    (穴場証券)
  • SBI証券でチャレンジポイントを貯める

この4つは、限られた資金で当選を勝ち取るには押さえておくべきポイントです!

前受金不要の証券会社から申し込む

『前受金不要』の証券会社では、資金が必要なのは当選してから。

つまり、資金不要で抽選に参加できるということになります。

前受金不要の主な証券会社は、以下の5つ。

いつでも申し込みができるようにあらかじめ口座開設を済ませておくのがおすすめです。

前受金不要の証券会社
  • 野村證券
  • 松井証券 (平等抽選)
  • SBIネオトレード証券 (平等抽選)
  • 岡三オンライン証券 (平等抽選)
  • DMM.com証券

前受金不要であれば、証券口座内に残金がなくても抽選に参加できるので、IPOで当選を狙うのであれば必ず押さえておきたいところ。

面倒な資金移動が必要ないから、抽選のハードルも低め。

DMMは割当数は多くないけど、IPOのイメージが少ないから実は穴場だったりして! (こっそり)

野村證券と松井証券は取扱数・割当数も多いので、割当があるときは私は必ず申し込みしています。

割当数が多い証券会社から申し込む

同じ抽選回数であれば、『当たり』の本数が多いほど当選確率は高くなります。

割当数が多い主幹事や副幹事の証券会社は必ずチェックして、優先的に資金を割り当てよう

主幹事・副幹事が多い証券会社
  • 野村證券 (前受金不要)
  • みずほ証券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券
  • SBI証券 (チャレンジポイント)

主幹事・副幹事の証券会社はIPO銘柄ごとに異なるので、毎回確認が必要です。

限られた資金で抽選に申し込むのであれば資金移動も多くなるので、IPOスケジュールと口座移動の手数料無料回数はしっかりと把握・管理しましょう。

資金が少ないうちは、主幹事・副幹事に絞って申し込むのも作戦だね

ライバルが少ないところを狙う

ライバルの少なさの指標は難しいですが、一般的に口数比例方式よりも平等抽選の証券会社の方が当選確率は高くなります。

平等抽選を行う証券会社
  • 野村證券 (前受金不要)
  • 松井証券 (前受金不要)
  • マネックス証券 (※)
  • 大和証券 (主幹事多い)
  • SMBC日興証券 (主幹事多い)
  • 岡三オンライン証券 (前受金不要)
  • SBIネオトレード証券 (前受金不要)

※100%完全平等抽選です

他の条件と重複がある証券会社は、特に狙い目です。

野村證券は、前受金不要で主幹事になることも多いから大本命!

IPOをやるなら口座開設はマストだよ♪

また、割当数が少なくてもライバルがそれ以上に少なく、当選確率が高い可能性も。

教えたくない超穴場証券
  • CONNECT

CONNECTは、大和証券グループの2019年に新しく設立されたばかりの証券会社。

口座開設数がまだ少ないだけではなく、大和証券グループなので大和証券が主幹事を務める銘柄では特に当選確率が高くなります。

私が今年当選した6回のうち、3回はCONNECTからの当選だよ♪

CONNECTは条件を満たすと当選確率が上がる優遇制を導入しているため、優遇条件もぜひチェックしてみてくださいね。

SBI証券で『チャレンジポイント』を貯めよう

SBI証券は、主幹事を務めることが多いですが、口座開設数が非常に多く、口数比例方式で当選するのは至難の業。

ですが、落選すると『チャレンジポイント』が付与され、チャレンジポイントを使用することで優遇枠で抽選に参加することができます。

チャレンジポイントを使っても、落選すると使ったポイントは戻ってくるよ!

だから、『いつかは必ず当選できる』魔法のポイント

落選にめげずに、コツコツとポイントを貯めておこう♪

IPOの注意点

勝率9割!1割は損する可能性も

勝率9割と言われるIPO投資ですが、裏を返せば1割は損をしてしまうということ。

事前評価が悪い銘柄は抽選申し込みを避ける人も多いため、ライバルが減って当選しやすくなります。

値下がり銘柄ばっかり当選して、資金に余裕がなくなっちゃった…

そうならないためにも、事前に評価の良し悪しは必ずチェックしておきましょう。

一部の証券会社を除き、当選しても『辞退』が可能です。

ただしSMBC日興証券などは、今後IPOに参加できなくなるなどのペナルティがあるため注意してください。

※ 後期抽選の証券会社(例:楽天証券)では辞退できません

当選したら、もう一度その銘柄についてしっかりと確認してから購入申し込みをしよう!

資金移動が増えるので、手数料無料回数に注意

IPO投資を行うと資金移動が頻繁になり、他行振込の手数料無料回数を使い切ってしまう可能性があります。

生活費でお金を移動する分の無料回数、使い切っちゃったよ。どうしよう…

いつの間にか手数料にお金を払っていてはもったいないですよね。

資金移動が計画的に行えるように、少し先の上場スケジュールまで目を通しておくのをおすすめします。

振込手数料が無料になるネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • 野村信託銀行

大和ネクスト銀行と野村信託銀行は、それぞれ大和証券と野村證券のグループ銀行です。

大和ネクスト銀行は3回、野村信託銀行は10回、どちらも無条件で他行宛の振込手数料が無料に!

証券口座をこれから開設するなら、同時に開設しておくのがおすすめだよ!

IPOは年間約100件!

知らずにスルーするのはもったいない、低リスクで資産を増やせるチャンスです♪

まずはハードルが低い、前受金不要の証券会社から始めてみるのもいいね!

SBI証券のチャレンジポイントも忘れずに貯めておこう

関連記事

ボーナス何に使う?|お金持ちのボーナス活用術を学ぼう! 家計管理・資産運用のお役立ちリンク集 家計管理が上達!無料で読めるお金の本【Kindle Unlimited】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です