【4,000円もらえる】特別キャンペーンを完全解説! >>

「お金が貯まる」家計の見直し方|楽しく貯金を増やすコツ

1分でわかる!家計見直しのポイント

家計の見える化|お金の流れを把握する

家計簿をつける

家計管理の第一歩は、今のお金の流れを把握するところから。

まずは家計簿をつけて、

  • 毎月入ってくるお金(手取り収入)
  • 1ヶ月生活するのに必要なお金
  • 総貯蓄額

などを1つずつ洗い出していきます。

家計簿はいきなり細かくつけなくてもOK。

アプリを使うと自動で記録してくれるので、簡単に始められますよ。

家計簿で家計を見える化!

\アプリで家計簿を自動化/

私も家計簿アプリからスタート。

今は自作のエクセル家計簿を、毎年ちょっとずつ改良しながら使っています。

銀行口座を整理する

銀行口座は、

  • 生活費用口座
  • 貯蓄用口座

をしっかり分けるのが、貯金上手への近道です。

生活費用口座には「住信SBIネット銀行」がおすすめ

お金が出たり入ったりする口座は、手数料の安さが重要なポイント。

そこでおすすめなのが、住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行は、

  • 簡単な設定だけで、他行宛の振込手数料が月5回無料
  • 口座内のお金を分けて管理できる(目的別口座)
  • 給与受取口座に設定すると、ポイントが貯まる

など、家計管理にぴったりです。

貯蓄用口座には「あおぞら銀行BANK」がおすすめ

まとまったお金を預ける貯蓄用口座で見るべきは、金利の高さです。

あおぞら銀行BANK支店は、普通預金金利が0.2%!

メガバンクは0.001%なので、なんと200倍にも。

100万円を1年間預けた場合、

  • メガバンク:8円
  • あおぞら銀行BANK:1,600円

と、あおぞら銀行BANK支店の方が圧倒的にお得です。

固定費の見直しをする

お金の流れが把握できたら、見直せる項目がないか家計簿を振り返ってみましょう。

最初に見直すべきは「固定費」と呼ばれる項目たちです。

固定費とは、

  • 家賃や住宅ローン
  • 光熱費
  • 保険
  • スマホ代
  • インターネット(通信費)
  • 教育費・習い事

など、毎月一定の金額がかかる出費のこと。

固定費の見直しは、1度やると節約効果が長く続くのが特徴です。

中でも効果が大きい、

  • 保険
  • スマホ代・通信費

について詳しく見ていきましょう。

保険を見直す

自分や家族の「もしも」に備えるのが保険。

備えは大切ですが、家計負担の原因になっていることも多いのが月々の保険料です。

今の暮らしと加入している保険の内容、きちんと合わせていますか?

自信のない方は、一度しっかりと見直しておくと安心です。

保険チャンネル

保険チャンネルは大手の「リクルート」が運営。

保険の比較・検討はもちろん

  • ライフプランの作成(いつ・いくら必要?)
  • 投資・資産運用のこと
  • 貯金や家計のこと

などを、お金の専門家(FP)に無料で相談できます。

FP相談予約&面談完了で、もれなく1,000円分のギフトチケットがもらえます。

オンラインでの相談も可能です。

保険かけすぎてない?

\ギフトチケット1,000円分もらえる/

パシャって保険診断

複数の保険に加入していて、加入内容が適正かどうかをスマホアプリで専門家にチェックしてもらうことができます。

>>> アプリのインストールはこちら

手順に沿って進むだけなので簡単。

面談はハードルが高いなぁ〜という人にもおすすめです。

スマホで簡単に保険の見直し

\保険証書をスマホで撮影するだけ/

自動車保険の一括見積もり

自動車保険の自動更新は損!

面倒でも、毎回見直した方が保険料を大幅に節約できる可能性があります。

はじめての見直しでは、年86,000円 ⇒ 41,200円に。

年44,800円も節約ができて、保障も手厚くなりました。

面倒でも毎年見直しがお得!

\自動更新は損!!/

スマホ代・通信費を見直す

エキサイトモバイル

夫婦のスマホ+タブレットの3台分で、12GBで3,000円台で利用できています。

見直しからすでに7年。

乗り換え当時は「格安SIMって遅いんでしょ〜」って思っていたけど、不便さを感じたことはありません。

節約主婦が7年浮気なしの格安SIM

\家族でデータ容量を分け合える/

UQモバイル

私が今注目しているのが「au経済圏」

大手スマホキャリア「au」を中心に、

  • au:スマホキャリア
  • au PAY カード:クレジットカード
  • au PAY マート:通販サイト
  • auでんき
  • auガス
  • auカブコム証券:証券会社(つみたてNISAなど)

など、さまざまなサービスが展開されています。

UQモバイルは、au経済圏のお得な恩恵が受けられる格安SIM。

格安SIMの安さとau経済圏のお得さを、ダブルで受けられるのが魅力です。

注目のau経済圏を活用するならコレ

光熱費を見直す

例えば電気。

こまめに電気を消したり、コンセントを抜いたりするのって大変…

労力の割に、節約効果もイマイチだったりしますよね。

光熱費の見直しは、まず電気料金プランを見直すのが効果的です。

  • 電力会社はどこがいいの?
  • 料金プランはどれがいいの?

たくさんの選択肢がある電気の見直しは、比較サイトを使うと便利です。

簡単シミュレーションもできる

普段のやりくりを見直す

ふるさと納税を活用する

ふるさと納税は自分の住んでいる自治体以外に納税することで、豪華な返礼品を受け取ることができるお得な制度です。

受け取れる返礼品は、自治体によってさまざまですが

  • お肉
  • お米
  • ほたて
  • いくら
  • 高級フルーツ

などを、実質2,000円の自己負担金(寄付)で受け取ることができます。

ふるさと納税は納税先が変わるだけ。

納める税金は減らないですが、返礼品を活用すれば食費や日用品の節約にもなります。

金額がオーバーしてしまうと自己負担が増えるので、いくらまでできるかシミュレーションを必ず行いましょう。

>> 楽天ふるさと納税でシミュレーションしてみる

投資(資産運用)で資産を増やす

貯金ができるようになってきたら、投資で資産を増やすことも考えていきたいですよね。

これから資産運用にチャレンジする方なら、まずは

  • つみたてNISAなどの積立投資
  • 少額投資

など、リスクが少ない方法から取り入れていくのがおすすめです。

つみたてNISAを始める

投資で利益が出た場合、利益の一部から税金を納める必要があります。

投資の税率は約20%なので、100万円の利益が出ても20万円は税金。

自分が受け取れる利益は、100万円増えたうちの80万円だけです。

そこで活用したいのが、つみたてNISAの制度。

つみたてNISAの特徴
  • 口座開設できるのは1人1口座のみ
  • 運用で出た利益が非課税
  • 非課税期間は最長20年間
  • 年間40万円まで(月33,333円まで)
  • 国のお墨付きの厳選された投資信託のみ運用可能

つみたてNISAを始めるには、つみたてNISAのための専用口座が必要です。

銀行や証券会社の窓口でも取り扱いはありますが、ネット証券で開設するのがおすすめ。

中でも、

  • 楽天証券 × 楽天カード
  • SBI証券 × 三井住友NLカード
  • auカブコム証券 × au PAY カード
  • マネックス証券 × マネックスカード

など、クレジットカードでの積み立て(クレカ積立)に対応したネット証券が人気です。

クレカ積立なら、積み立てた金額に応じてポイントも貯まりますよ!

投資デビューはつみたてNISA

\クレカ積立ならポイントも貯まる/

Funds(ファンズ)で企業に貸し出す

株式投資のように、相場によって値動きがあるのが不安…

Fundsなら、企業に資金を貸し出して利息を受け取ることができます。

>> ファンズの始め方を詳しくまとめてます

投資期間や予定利回りがあらかじめ決まっているので、資産を預けたらほったらかしOK。

最低投資単位は1円です。

利息でコツコツ資産を増やそう

\平均予定利回り2%超え/

無料でお金の勉強をする方法

投資の必要性や考え方、始め方などもしっかり学んでおくのが大切。

無料でできる、おすすめの勉強方法から紹介します。

家計管理から資産運用まで体系的に学べる

全11コース、42レッスンがオンラインで受け放題のマネースクール「SHEmoney(シーマネー)」では、無料体験レッスンが受けられます。(女性限定

「貯金0からはじめる1000万円の家計管理・貯蓄術」や「一生のお金を今から準備!イチからわかる資産形成のイロハ」など、体験レッスンとは思えない充実したプログラムでした!

家計管理も投資も学べる

\女性限定のマネースクール/

【テキスト付き】無料のオンライン投資講座

インスタでも話題になっている、動画で投資の基礎が学べるオンライン講座。

7日以内に最後まで見ると約5万円分のテキストが無料でもらえます。

ちょっとサイトが怪しい感じもしますが(笑)、すごく勉強になりました。

無料のうちに、テキストもしっかりGETしておきたいですね!

インスタでも話題!

\投資テキストがもらえる/

Kindle Unlimitedで無料で本を読む

AmazonのKindle Unlimitedは、初回登録に限り30日間無料でおためしが可能です。

読み放題の対象となっている本だけでも、家計管理や投資に関する本が数多く揃っています。

月額980円で本が読み放題

\30日間無料でおためし/

Audibleなら無料で「本を聴く」こともできる

本を読む時間がなかなか取れないなぁ〜という場合には、「本を聴く」Audibul(オーディブル)もおすすめ。

オーディブルも30日間無料でおためしが可能。

通勤時間や運転中、寝かしつけの合間など、スキマ時間も活用できます。

スキマ時間に「聴いて」勉強

\30日間無料でおためし/