世帯収500万円で年100万円貯める10のコツ >>

育休中・産休中でも確実に貯金を増やす節約テクニック

産休中・育休中の節約術

産休・育休に入り、収入が減って家計管理に悩んでいませんか?

この記事では、育休中でも年間100万円以上貯金できた私が行なった節約術・貯金術を紹介します。

ここできちんと見直ししておけば、育児中の家計管理がグッと楽になること間違いなし!

無理しない・頑張らない方法ばかりですので、ぜひ取り組んでみてください。

産休中・育休中は、積極的に節約に取り組むべき!

貯金を増やすための方法は、

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

この2通りしかありません。

育休中は世帯収入が減るため、節約して支出を減らす以外に貯金を増やす方法がなくなる家庭が多いはず。

我が家では、私の育休中は世帯年収が半減してしまいました。

育休が明けたらまた収入が戻るんだし、それから貯めてもいいんじゃないかな?

そう考えがちですが、育休が明けても育児は続くことからDINKsの時と同じように貯金できる可能性は低いです。

育休中の今しっかりと家計を見直しておけば、復職後には金銭的・精神的に余裕のある生活が送れるようになります。

節約に取り組むなら、圧倒的に今がチャンスだとお伝えしておきます。

産休中・育休中の節約は固定費から【必ず見直すべき3項目】

育休中に限らず、節約の基本は固定費の見直し。

節約できる項目はたくさんありますが、必ず見直しをしておきたいのが以下の3項目です。

育休中に絶対見直すべき3項目
  • 電気料金プラン
  • スマホの契約プラン
  • 保険の契約内容

固定費の節約は情報収集や手続きが面倒ですが、一度行えば無理なくずっと節約が続きます。

育休中はライフスタイルががらりと変わるので、固定費の見直しをするチャンスです。

電気代・スマホ代・保険料

この3つは節約効果も大きいので、家計管理がグッと楽になります。

電気料金プランの見直し

産休・育休に入ったら、必ず電気料金プランの見直しをします。

育休中は家族が増えて電気使用量が増えるだけでなく、家事をする時間帯が変わることから、現在契約しているプランで損をしないか確認が必要だからです。

特に、夜の電気料金が安いプランに申し込んでいる場合には損をしてしまう可能性が高いです。

早いうちに一度、料金プランの確認がおすすめです。

産休・育休は比較的長期間になると思いますので、生活時間の変化に合った料金プランに変えるだけでも、十分に電気代の節約が可能です。

\ 電気料金の比較がまとめてできる /

スマホの契約プランの見直し【格安SIMへの乗り換えも】

自宅から出る機会が減る、産休・育休中。

自宅にWi-fi環境が整っていれば、スマホのデータ通信料を大幅に節約できる可能性があります。

料金プランの見直しのついでに、Wi-Fiの必要性や格安SIMへの変更も検討してみましょう。

我が家では、夫婦で「エキサイトモバイル 」に乗り換えたことで、育休中にはスマホ2台+iPad1台で月4,000円以下という月もありました。

3年ほど利用していますが、通信速度にもほとんどストレスがなく、SIM3枚で月平均4〜5,000円なので、私はとても気に入っています。

\ 夫婦で使えばスマホ代をガッツリ節約 /

インターネットの見直し

ネット回線は2年縛り、3年縛りなどが多くあまり頻繁に乗り換えできませんが、キャンペーンが充実しているのでタイミングが合えば育休中に一度は見直しておきましょう。

回線工事で立会いが必要な場合が多いので、育休中の方が日程の調整もしやすいのもメリットです。

基本料金の大幅な節約は難しいかもしれませんが、キャッシュバックなどを活用すると結構な額になります。

同じプロバイダで契約し続けるのは損なので、定期的に見直すのがおすすめですよ。

\ オプション加入なしで45,000円キャッシュバック /

保険の見直し

家族構成が変わったら、保険の見直しも行うべきです。

保険の見直しが必要なパターン
  • 複数の保険に加入していて、保障内容が重複している可能性がある
  • 保険料が高いと感じている
  • 子どもの保険(学資保険など)に新たに加入したい
  • 自分の意思で貯金するのが難しいと感じている

上記のパターンに該当する場合は、保険の無料相談などを活用して、保険の整理をするのが良いです。

保険の無料相談では、保険に関する相談はもちろん今度のマネープランがイメージできるライフプランを一緒に立ててもらえます。

ライフプランが決まれば、今の家計でいつ・どれくらいお金が必要か、不足するかがわかるため、積極的に活用しましょう。

\ 保険の見直しがオンラインでできる /

産休中・育休中でも変動費を節約するコツ

変動費の節約は、まずは無理せず、少しずつでも続けることが大切。

特に産後すぐは家事に育児にと追われ、節約にまで手が回らないという方も多いと思います。

ちょっとした意識や仕組みを変えるだけでも節約できることからやっていくと、、無理なく続けていくことができます。

食費・日用品を節約する

産休中・育休中には、惣菜や食材の宅配サービスなどを利用する機会が増え、食費を節約するのが難しくなることも。

そんな時にも工夫ひとつですぐに始められる、簡単な節約法をまとめました。

すぐできる食費・日用品の節約法
  • 献立を1週間サイクルで固定する
  • 食材ロスを出さない
  • 月に1回は冷蔵庫を空っぽにする
  • 1つのお店を使い倒す
  • タイムセールを活用する
  • クレジットカードや電子マネーを活用する

1つのお店を使い倒す

1つのお店を使い倒すと、

  • 今の値段が高いか、安いかを把握しやすい
  • お得なタイミングを見つけやすい
  • セールのタイミングなどを覚えられる
  • ポイントが貯まりやすい

などのメリットがあります。

お得な曜日や時間帯をチェックして活用すると、節約効果がアップします。

食材ロスを減らす・なくす

小さな子どもがいると、なかなか自分の思い通りにいかずに食事の支度に手が回らずに食材ロスが増えがちです。

  • 買い物に行ったら早めに冷凍をしておく
  • まとめ買いは食べきれる量より、少し足りないくらいにしておく
  • 賞味期限が長めのもの、痛みにくいものを優先的に購入する

など、予定が狂ってもムダにしない工夫が必要です。

月に1〜2回程度を目安に冷蔵庫を空っぽにする「冷蔵庫空っぽデー」を作るのもおすすめですよ。

育児用品を節約する

子どものものは、使う期間が短いものが多いのが特徴です。

中でも1歳頃までに買うものは、1歳を過ぎると使わなくなるものばかり。

「欲しいもの」と「必要なもの」をしっかりと分けて考え、必要なものだけを最低限に買い揃えていくのが節約のコツ。

ちょっと足りないと感じるくらいが、お財布にも優しく、ちょうど良いです。

こどもちゃれんじの無料資料請求で、ファミリアのフード付きベビーバスタオルを手に入れる方法こどもちゃれんじの資料請求で、ファミリアのバスタオルが無料でもらえる

Amazonベビーレジストリやファミリー特典を活用する

産休・育休中は、買い物に出かけるのがツラい時期でもあります。

小さな子どもを連れて、おむつの袋を両手に抱えて歩くのはしんどいの一言。

Amazonプライムのファミリー特典なら、おむつやおしりふきが最大15%オフで購入できて、玄関先まで届けてくれるのでとても便利です。

\ 買い物の負担が激減!おむつが15%オフ /

これから育児用品を購入しようと思っている方なら、Amazonベビーレジストリを活用すれば育児用品の節約も可能です。

Amazonベビーレジストリは無料で登録できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

☆★☆2,000円相当のおむつや粉ミルクなどのサンプルが詰まった、出産準備お試しBoxがもらえます☆★☆

おむつが最安値で買える!Amazonファミリー特典のメリット・デメリットとは?育児家庭が絶対使うべき!Amazonファミリー特典のメリット・デメリット

育休中のうちに、家事の簡略化・効率化に取り組もう!

家計の見直しや節約を始める際に、一緒に取り組んでもらいたいのが家事の簡略化・効率化です。

家事を減らすには物を減らすのが一番効果的なので、メルカリで不用品を売るのもおすすめです。

私は2回の育休中に、不用品販売だけで20万円以上の収入を得ることができました。

世帯年収500万円で年100万円貯める10のコツ世帯年収500万円で年100万円貯金する10のコツ

国や勤務先からもらえる給付金の申請忘れに注意

出産・育児に関しては、国・自治体・勤務先からたくさんの給付金を受け取ることができます。

しかしこのような給付金は、申請しなければもらえないものが多いのです。

知らなかった!忘れていた!と後になって気付いても、申請期限を過ぎてしまうと受け取ることができなくなるものもあります。

できる限り事前に情報を集め、もらえるお金は漏れなく申請して、受け取っておきましょう。

育休中の大切なお給料!「育児休業給付金」

申請を忘れる人は少ないと思いますが、育児休業給付金は出産・育児でもらえるお金としては最も高額で、貴重な収入源です。

育児休業給付金でもらえる金額は、育休開始時点の賃金により算出され、2ヶ月分ずつまとめて受け取ることになります。

育児休業給付金の給付額
  • 最初の6ヶ月:月額賃金の67%
  • それ以降:月額賃金の50%

月額賃金とは手取り額ではなく、税金や保険料が引かれる前の支給額となるので、「思ったより貰えた!」という方も多いかもしれません。

子どもの将来のためにしっかり貯めておきたい「児童手当」

児童手当の給付は、申請した翌月から開始されます。

申請が遅れれば遅れた分だけ損をするので、忘れずに申請を行いましょう。

夫のお給料で暮らせると安心

育児中の女性の収入は、どうしても不安定。

育児休業給付金の給付期間は最大で2年間ですが、待機児童問題などで保育園に入園できないことも視野に入れておく必要があります。

私は自分の働き方の選択肢を増やすためにも、夫の給料だけで貯金もできるというのを育休中の節約の目標にしていました。

とは言っても、産休中・育休中の貯金は「できたらOK」くらいの軽い気持ちで

産休中、育休中ということは、遅かれ早かれ復職を考えていると思います。

今貯金をしなければ!と焦るよりも、固定費の節約や家計管理方法の見直しに力を入れた方が効果的です。

頑張る節約法よりも、お金が貯まる仕組みを作って賢く貯めるのがおすすめです

本格的に節約に取り組むのは、育児に余裕が出てきてからでも遅くありませんよ。

少しでも余裕が欲しい…という場合には、ポイ活も上手に取り入れていきましょう。

ポイントサイト「ハピタス」のはじめかた完全ガイド【画像解説】ポイントサイト「ハピタス」のはじめかた完全ガイド

育休中・産休中でも確実に貯金を増やす節約テクニックまとめ

産休中・育休中は、ライフスタイルが大きく変化するため、その変化に合わせた家計の見直しが必要です。

特に、

  • 在宅時間が長くなる
  • 家事をする時間帯が変わる

など、光熱費の見直しは必須項目。

手続きは面倒ですが、固定費は節約効果が高いので、後回しにせず早めに見直しに取り組むべき項目です。

生活時間の変化に合わせ、電気料金の見直しは絶対に行っておきましょう。

\ 電気料金の比較がまとめてできる /

変動費の節約は無理をせず、節約効果だけでなく自分が少しでも楽になるサービスを取り入れるのがおすすめ。

中でも、Amazonファミリー特典のおむつとおしりふき15%はメリット大ですよ。

\ 賢いママはみんな使ってる /

子どもが生まれたら忘れずにGET!

【体験談】女性が身につけたい「お金の知識」を効率的に学ぶ方法 家計管理が上達!無料で読めるお金の本【Kindle Unlimited】 【ほけんガーデン】保険の見直しで年6万円も節約できた体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です